ブログ

雨の時期の過ごし方

6月を過ぎると、梅雨や台風シーズンに入り、雨が多くなってきます。

雨の時期は気圧の変化も影響しますが、それと同じくらい、うす暗い曇に覆われ、
空の色でも心が沈み、体がダルくなったり、不調を感じるようになります。

台風を含め雨の時期は、体がダルくなったり、頭が痛くなったり、
体の不調を感じ始めたら、寝ることを提案いたします。

毎日、5分のお昼寝をするだけでも体は楽になり、
心も晴れやかになりますよ。

よかったら、お昼寝やってみてくださいね。

メールマガジンを発行しています。
もし、僕に関心が湧いてきたら読者登録をして頂けるとうれしいです!

メルマガの登録はこちら

関連記事




ピックアップ記事

  1. 高次脳機能障害を克服するためにも整体を使っています。

  2. 体の歪みを調整、痛みをやわらげるゆらぎ整体療法とは?【心・ストレス】

最近の記事

  1. 体の歪みを調整、痛みをやわらげるゆらぎ整体療法とは?【心・ストレス】

  2. 高次脳機能障害を克服するためにも整体を使っています。

  3. 雨の時期の過ごし方

  4. 高次脳機能障害の一番の治療、リハビリは、問題を乗り越える力を身に付けること、「心の力の強化」

  5. あせりは心を苦しめます。心の苦しみは身体を縛ります。【学びの言葉】

  6. 映画「望み」より学びの一言

  7. 心の焦りは身体の震えの原因【てんかん発作の予防とは?】

  8. カスタマーへの電話は意思伝達の練習になる【高次脳機能障害】

  9. 自立支援医療(精神通院医療)を活用されていますか?障害者手帳をお持ちの方へ【高次脳機能障害】

  10. 高次脳機能障害リハビリ回復整体の真の目的はお仕事のサポート。