論語には多くの教えがありますが、
「過而不改、是謂過矣」という言葉が最近身にしみています。

このフレーズは、
人が過ちを犯した後、それを改めない場合、
本当の意味での過ちとなると教えています。

人間はみな間違い、失敗をします。

しかし、

重要なのはその過ちから学び、
過ちを繰り返さないためにはどうしたらよいか、
工夫し、改善することです。

過ちを認め、それを改めることができれば、成長と発展が促されます。

一方で、過ちを犯してもそれを見過ごし、
改めないことは、さらなる問題を引き起こすことにもつながります。

この論語「過而不改、是謂過矣」という言葉は、
過ちを超えて前進するための勇気と智慧を私たちに与えてくれます。

過ちを恐れず、それを受け入れ改善することが、より良い自己、より強い組織を築く鍵となるのです。