高次脳機能障害と向き合い、自分の体と対話しながら自然に生きる人生を歩む整体師

こうちゃんの健康お守りふくろ

完全予約制
営業時間:朝5時〜夜23時まで

▶︎ 肩こりについて └ 猫背

五十肩と肩こりの違い、そして、慢性肩こりの改善の方法

投稿日:

五十肩と普通の肩こり(慢性肩こり)の違いとは?

 

五十肩と普通の肩こり(慢性肩こり)、どこに違いがあるのだろう?時々、質問されます。

五十肩と普通の肩こり(慢性肩こり)の大きな違いは、肩の周辺に炎症が起きているかどうか、にあります。

肩の周りに炎症が起きていて、痛みが出ていたら五十肩の疑いがあります

慢性肩こりは、直接的な局所の痛みを発しないことが多いです。

 

五十肩になったときの対処法

五十肩の痛みの特徴として、肩に強い痛みがあります。服を着るとき、腕を通すことができない、顔を洗えない、日常生活においてたくさんの不具合が出てきます。

 

肩に強い痛みがある、手に力が入らない、痛みが強くて夜眠れない、ひょっとすると、五十肩かな?と思ったら、整体やマッサージに行く前に、まずは整形外科に行って診てもらって下さい。

 

整体やマッサージに行くのはその後からでも遅くはありません。

 

なぜ、病院受診を先に勧めるかと申しますと、肩や腕を動かす時の強烈な痛みは筋肉ではなく、腱板という肩を動かしている腱が断裂している恐れがあるからです。これを確認する意味で、まずは病院受診をお勧めいたします。

 

 

五十肩は適切な処置を早い段階で行えば、改善スピードが早いです。時間が経てば治ると放置せずに、痛みを感じたら、一刻も早く治療に進んでください。その方が回復が早いです。

 

 

普通の肩こり(慢性肩こり)の対処法

普通の肩こり(慢性肩こり)の対処法は、体を温めることです。体を温めることで、血液の流れが良くなります。血液の流れが良くなると、体全身の筋肉がゆるんでいきます。

筋肉がゆるんでくると、こりが柔らかくなります。柔らかくなったところに、マッサージや整体でほぐしていくと、肩こりが改善されていきます。

 

慢性肩こりには整体やマッサージを施すことをお勧めいたします。

 

慢性的な肩こりになる原因の1つに猫背があります。これから猫背について書いていきますね。

 

猫背のチェックの方法

猫背かどうかのチェック方法でわかりやすいのは、耳と首の付け根が一直線になっているかどうかです。角度がついていれば猫背の可能性が強いです。下記の写真を参考にチェックしてみてください。

 

 

上記の写真の場合、耳から真っ直ぐに直線を引くと腕辺りに当たっています。この状態は猫背を現している状態です。写真ではスマホを扱っていますが、猫背かどうかをチェックする時は、真っ直ぐ前を向いた状態で行います。鏡の前でチェックするとよいかもしれませんね。

 

ポイントは、耳から真下に線を引いたら、首の付け根にきているかどうか、これを調べます。

 

猫背の原因と痛み

こんなところに痛みがありませんか?

  • 肩甲骨
  • 背筋

 

猫背と首の関係

 

猫背になると、首が前に突き出すようになり、首の筋肉に負荷がかかるようになります。首への負荷がかかりすぎると、首が回らなくなり、首が固まってしまいます。首の筋肉が固まって動かなくなった状態を斜頚(しゃけい)と言います。

 

斜頚の写真はこちら

 

斜頚になると、首が痛いばかりではなく、視野も狭くなるので、目にも影響を及ぼします。視力低下の原因にもなっていきます。

 

猫背と肩の関係

猫背になると、首が前に突き出すようになります。首が前に突き出すと、肩が鎖骨より前に出る傾向にあります。

 

肩が鎖骨より前に出てしまうと、腕についている肩を動かす筋肉が縮こまって動きが悪くなります。

 

猫背と肩甲骨の関係

猫背になると、背中が丸くなります。背中が丸くなるということは背中の筋肉を引っ張っていることにもなります。肩甲骨は背中側にあります。

 

背中の筋肉が緊張(引っ張られる)することで、肩甲骨の動きは悪くなります。ひどくなると、肩甲骨のヘリの痛み、肩の痛みなど出てきます。

 

猫背と背筋の関係

猫背になると、背中が丸くなります。背中が丸くなるということは背中の筋肉が引っ張られるということです。引っ張られている状態が続くと、元に戻す力が弱くなります。

 

背筋をピシッと伸ばすときつくて、つらいです。楽な状態を保とうとするのが、人の習性です。だから、痛みの少ない楽な姿勢、背中を丸めた状態をつくる傾向があるのですね。

 

猫背と腰の関係

猫背になると、背中の筋肉が引っ張られた状態が続くので、腰への負荷も大きくなります。いわゆる腰痛ですね。

 

猫背とお腹の関係

猫背とお腹って、どういう関係があるの?疑問に思われるかもしれません。猫背になると、お腹の筋肉は縮こまってしまいます。

 

お腹の筋肉が縮こまると、肝臓やすい臓、腎臓、胃、大腸、小腸など内臓の働きに影響を及ぼします。猫背が何かの病気の原因になっているかもしれません。猫背は肥満になりやすいというデータもあります。

 

猫背とダイエット

ダイエットをしていて、なかなか体重が減っていかない時は、猫背を改善することを行うこともダイエットの1つの方法かもしれません。

 

猫背の影響とは

猫背の影響は、肩こりや腰痛など、筋肉系統の痛みだけではありません。内臓系の働きが弱まって、すい臓の病、腎臓の病、また肥満など、体のいろんなところに影響を及ぼしていきます。

 

猫背を姿勢が悪いということだけに留めないで、体全体のバランスの悪化として捉えることが重要だと思います。

 

猫背になった時の改善方法

猫背は習慣的な動作が多大に影響しているので、1週間とか1ヶ月で改善するものではありません。本当に猫背を直したいと思っていたら、1年、3年、5年と長い年月がかかるということを理解する必要があります。

猫背を直すには、長い年月がかかることを理解してから、整体等の施術を行うとよいです。今、一人で直せる猫背の改善方法などの書籍が販売されていますが、猫背は日常生活の習慣が関わっているので、猫背の改善は1人ではできません。必ず、猫背のことを理解している治療家のところに行って下さい。これが猫背改善の一番の近道です。

 

猫背に対する当院の整体とは?

当院の猫背に対する接し方は、まず背中、腕、胸、お腹の筋肉をゆるめることから始めます。筋肉をゆるめない状態でストレッチしても改善していかないからです。

 

筋肉をゆるめずにストレッチを行うということは、筋肉が両極端に、かたく引っ張られた状態で、筋肉を伸ばすということです。無理に引っ張るので、筋肉を傷めてしまいます。余計に痛みが出てくる可能性も秘めています。

 

当院は、筋肉を傷つけないためにも、筋肉をゆるめてからストレッチしていく、このような整体を心がけています。

 

-▶︎ 肩こりについて, └ 猫背

Copyright© こうちゃんの健康お守りふくろ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.