自分の体の状態・体験

左半身麻痺の克服?整体が力に!

僕は中学2年生の時、交通事故に遭い、脳挫傷、左半身麻痺、吃音、てんかん、高次脳機能障害など患いました。

最初のころは、「なぜ、こんな目に遭わなければいけないの?」
と思っていました。

しかし、悩んだところで、愚痴をいったところで、元の身体は戻ってきません。

どうにかして、「動ける体になりたい」、「友達と一緒に遊びたい」
一心でリハビリをしていたことを思い出します。

でも、病院のリハビリは約30分という短い時間なので、
物足りなく、ほとんど身体は良くなっていきませんでした。

なので、母が知り合いの整体師の元へ僕を連れて行って、整体を行ってもらいました。

すると、少しずつですが、身体に血の気が戻り(血流がよくなり)、
動きが悪かった足が動くようになり、また、手の握力も戻っていったのです。

左半身麻痺でほとんど動かなかった身体に動きが戻ってきました。

EPSON MFP image

整体は、医学的、科学的には実証されていませんが、
ほんとうに、人の病を回復へと導く不思議な力があるんだなと
この時、実感しました。

この記事を読んでいるあなたに。

関連記事