高次脳機能障害

カスタマーへの電話は意思伝達の練習になる【高次脳機能障害】

電話をすることは、意思伝達の練習になる

これまで、僕は電話が苦手で避けていました。

何か商品を買った時、買おうとしたとき、疑問や質問が出てきたら、
カスタマーに確認しますよね。

この時、いつもメールを使っていました。

“話し”で伝えようとすると、伝わらないと思い込んでいたからです。

「伝える」ということに関して逃げていたんですね。

しかし、逃げてばかりいては、いつまで経ってもそこから抜けきれない。

最近はこのように思うようになりました。

カスタマーに電話することは、意思伝達の練習になる。

なぜなら、自分の意志をカスタマーに伝えられないと、
望んだ答えをカスタマー側が理解できず、答えが返ってこないからです。

カスタマーに電話することは、本当に意思伝達の練習になる。

意思伝達、怖がらずに練習してみてくださいね。

カスタマーだったら、知り合いではないので、失敗しても恥ずかしいことはありませんよ。

関連記事




ピックアップ記事

  1. 高次脳機能障害を克服するためにも整体を使っています。

  2. 体の歪みを調整、痛みをやわらげるゆらぎ整体療法とは?【心・ストレス】

最近の記事

  1. 体の歪みを調整、痛みをやわらげるゆらぎ整体療法とは?【心・ストレス】

  2. 高次脳機能障害を克服するためにも整体を使っています。

  3. 雨の時期の過ごし方

  4. 高次脳機能障害の一番の治療、リハビリは、問題を乗り越える力を身に付けること、「心の力の強化」

  5. あせりは心を苦しめます。心の苦しみは身体を縛ります。【学びの言葉】

  6. 映画「望み」より学びの一言

  7. 心の焦りは身体の震えの原因【てんかん発作の予防とは?】

  8. カスタマーへの電話は意思伝達の練習になる【高次脳機能障害】

  9. 自立支援医療(精神通院医療)を活用されていますか?障害者手帳をお持ちの方へ【高次脳機能障害】

  10. 高次脳機能障害リハビリ回復整体の真の目的はお仕事のサポート。