ブログ

【漢方治療】不眠、五十肩、イライラ、不安が続いて、整体、マッサージをやったけど治らなかったら…

不眠や五十肩、精神疾患(イライラ、不安、パニック)が続いて、整体やマッサージ、そして病院の治療をやったけど、治らなかったら、漢方薬を使うことを提案いたします。

なかなか治らない症状には漢方薬!

なぜ、漢方薬?

整体の施術で治してくれるんじゃないのですか?

私は、施術を受けに来たのです。

不眠や、五十肩、そして、ぎっくり腰、慢性的な肩こり、頭痛、歯の痛み、腰痛、首の痛みなど

1ヶ月以上続いている症状で、整体やマッサージ、病院の治療で治らない

場合は、漢方薬の服用を提案いたします。

なぜ、漢方薬なの?

なぜ漢方かと申しますと、

整体やマッサージ、病院の治療で治らない場合は、かなり、身体の気力が衰えているからです。

 

気力の衰えは、整体やマッサージ、病院の治療ではなかなか回復させることができません。

 

人間の身体は、東洋思想で「気・血・水」が巡っていると言われています。

 

この中で一番重要なのは、「気」です。

 

「気」の衰えを回復させるためには、漢方薬を服用するのが早いです。

気の衰えは整体やマッサージでは回復できない。

急に腕が上がらなくなった五十肩や夜眠れない不眠、イライラ・不安・パニックになる精神疾患など重度の気力の衰えは、整体やマッサージ、病院の治療だけでは治すことができません。

 


何をやっても治らない、そんなときは、重度な気力の衰えかもしれません。漢方薬の服用を考えてみることをご提案いたします。

漢方薬で治療したいと思った時、漢方薬剤師に処方してもらうことが重要です。

漢方薬を使ってみたいと思った時は、自分の見立てやドラッグストアの登録販売者のアドバイスで、漢方薬を選んではいけません。

しっかり、漢方のことをわかっている漢方薬剤師さんから見立ててもらって漢方薬を購入することが重要です。

もし、探すことができないと思ったら、漢方薬剤師さんをご紹介することができます。気軽にお電話、または、メールフォームからご連絡くださいね。

covid19 うつ うつ症状 ぎっくり腰 くも膜下出血 てんかん ゆらぎ整体 ゲリラ雷雨 コロナワクチン 副反応 コロナ後遺症 ベジタリアン ミライロID モヤモヤ リハビリ 五十肩 五苓散 低気圧 冷え症 出張整体 台風 吉本流整体 四十肩 天気痛 女性の腰痛 心の悩み 日南市 月経痛 有田町 気象痛 物忘れ 猫背 生理痛 精神疾患 肩こり 脳内出血 脳梗塞 自然治癒力 言葉 障害者手帳 骨盤整体 骨盤矯正 骨盤調整 高次脳機能障害 高次脳機能障害 リハビリ

関連記事