MHK「あさイチ」の不登校特集

2023年8月30日、NHKの「あさイチ」で不登校の特集がありましたね。

夏休みから2学期にかけて、「急に学校に行きたくない」「体がしんどくて学校に行けない」と悩む子供が増えてくるそうです。

あさイチの特集の中では2組の不登校の親子が出演されていました。
本人が抱えている悩みなどを語っていました。
そして、作家の宮本亜門さんも出演されており、自身の不登校の体験を語りました。

小中高校生の自殺が増えています

この数字をご存じでしょうか?

2022年に自殺した小中高校生が過去最多の514人に上ったと言われています。
自殺の原因として多いうつ病です。

子供にもうつ病の発症のリスクがあり、
うつ病発症後の自殺対策としても
早期発見と治療が求められている。

しかし、日本では子供のうつ病に対する治療法や医療体制が確立していません。

うつ病は病院では治せないので、自分を含めた家族で見守りながら
治して行くことが求められているのですね。

しかし、子供のうつとどのように向き合っていけばよいか分からないと思います。

少しではありますが、調べましたので、読んで頂けると嬉しく思います。

これって子供のうつかも?

そもそも、うつ病って何?

うつ病は、気分が強く落ち込み憂うつになる、やる気が出ないなどの精神的な症状のほか、眠れない、疲れやすい、体がだるいといった身体的な症状が現れることのある病気で、気分障害*1の一つです。気分障害は大きく「うつ病性障害」と「双極性障害(躁うつ病)」に分けられ、いわゆる「うつ病」はうつ病性障害のなかの「大うつ病性障害」のことです。うつ病では気分が落ち込んだり、やる気がなくなったり、眠れなくなったりといったうつ状態だけがみられるため「単極性うつ病」とも呼ばれますが、一方の双極性障害はうつ状態と躁状態(軽躁状態)を繰り返す病気です

https://www.smilenavigator.jp/utsu/about/

子供のうつの特徴とは?

子供のうつの特徴は、「思春期」「反抗期」と勘違いされやすいことにあります。

例えば、イライラして八つ当たりすることが多くなったら、「今、反抗期だから仕方がない」
急にダイエットを始めたり、会話が多かったのに急に話をしてくれなくなった、「思春期だから時間が解決してくれる」

子供のうつは、体と心が成長する過程と似ているので見逃しがちです。

子供うつになる前のサインがあります。

子供うつのサインとは?

子供のうつ病の心のサイン

  • ゆううつ、いつも悲しい
  • これまで熱中していたことに急に関心がなくなる(無関心)
  • 何かをしたい、やる気がない
  • 自分が悪い、自分のことを責めることが多くなる
  • お金の使い方が激しくなる
  • 上手くいっているのに何度も同じことを確認する

子供のうつ病の体のサイン

  • 夜12時以降起きていることが多くなる
  • 急にダイエットを始めた
  • 体がだるい、疲れやすい
  • 朝、起きれない
  • 強い頭痛がある

子供のうつ病の口癖

  • 「自分なんて○○できない」
  • 「でも~○○できない」
  • 「○○しなければいけない」
  • 「絶対○○しなければいけない」
  • 「完璧に○○しなければいけない」

ゆううつな気分はだれもが日常の心の動きです。他人から慰められると気分が楽になったり、時間がたつにつれて楽観的な考え方ができるようになったりします。

それに対し、病気であるうつ病は、だれかに頼ろうという発想がありません。全部一人で解決しなければいけない、すべての悩み、課題を一人で抱え込んでしまいがちになります。

子どもの場合は、うつ病のサインが分かりにくいです。

朝起きれなくて、学校に行くのがしんどく、行きたくないと思っていても、
無理して頑張って登校している場合もあります。

子供のうつ病の症状は一般に午前中に最も強く、
午後から夕方にかけて、少しやわらいでくる場合が多いです。
サインを見るときはこの点も参考にしてみてください。

子供のうつの原因

子供のうつ病の原因は、多岐にわたります。

・幼稚園、小学、中学、高校、大学受験
・学校などでの人間関係
・学校でのいじめ
・恋愛
・両親の離婚
・家族の病気
・ペットとの死別
・家族の死別
・本人の健康問題

などいろんな原因が考えられます。

子供のうつと不登校の関係とは?

不登校だからうつ病になる、うつ病だから不登校、どちらが先ということはありません。

うつ病も不登校も相関関係にあります。

だから、学校に行けなくて悩んでいたら、うつ病を治すことに集中する、
うつ病を治したいと思ったら、学校に行けるように力を尽くすことに集中する。

どちらかが治って行けば、2つとも治っている。

子供のうつと不登校の関係です。

子供うつの接し方とは?

会話をしようとしないことです。

声かけ、投げかけはするけど会話、コミュニケーションを求めようとしない、
うつ病の方と接するときに大切なことになります。

「何かして欲しいものがあったら言ってね」
「困ったことがあったら教えてね」

いつも気にかけているよとサインを送ることで、
いつでも相談を受けられる環境を作ります。

子供うつからの回復方法とは?

うつ病の回復方法は一般的に病院の治療、薬の服薬とカウンセリングがあります。

うつ病は自律神経の異常がきっかけで症状が現れます。

自律神経は、脳や心臓などの内臓の機能、血液の流れ、
心の作用、体温調節など生命(いのち)の維持をするのに重要な働きを担っています。

うつ病の回復には自律神経の正常な働きを取り戻すことが求められます。

うつ病の治療には投薬が必要な時があるかもしれません。
カウンセリングが必要になるときがあるかもしれません。

しかし、どちらか一方では不十分です。

体の不調、自律神経を整えて、
心の不調、感情も整える。

2つのことを同時に行って、
はじめてうつ病回復への道が拓けてきます。