高次脳機能障害

高次脳機能障害の一番の治療、リハビリは、問題を乗り越える力を身に付けること、「心の力の強化」

自力回復コーチの吉本幸司です。

僕自身、高次脳機能障害を患って、どのように乗り越えていこうか、
高次脳機能障害を克服するにはどうしたらよいか?
考えらながら生活するようになりました。

日々、感じたこと、考えたことなどをこのブログでは書いています。

本日は、「高次脳機能障害のリハビリ」にフォーカスして書いていきたいと思います。

高次脳機能障害のリハビリとは?

高次脳機能障害のリハビリは、主に病院で行われるものが主になっています。

しかし、病院のリハビリは大体30分です。

30分という時間で人生を支えられるようなリハビリ、
機能回復ができるとは思えません。

やはり、主なるリハビリは家庭にあります。

家庭でどんなリハビリができるか考えなければなりません。

家庭でできるリハビリとは?

心の力を強化すること

家庭でできるリハビリとは?

それは、「心の力の強化」です。

「心の力の強化」ってなに?

「心の力の強化」とは、それは、ココでハッキリ、コレ!とは言えませんが、
心の力を強化することで、明らかに、自分自身が変わっていきます。

社会対応能力が復活するというか、なんというか、
大変よろこばしい状態に向かっていきます。

社会復帰能力をつけることが、高次脳機能障害のリハビリだと私は考えています。

■高次脳機能障害のことを中心にさまざまな角度から健康についての情報を配信しています。

メールマガジンの登録はこちら

この記事を読んでいるあなたに。

関連記事