ブログ

がんの克服は「がんになった」という執着を手放すこと。言葉の力はすごい!家族ができることとは?

言葉ってすごい力があります。

その言葉を聴いただけで、
自分は元気と思っていても、無意識のうちに「自分って病気ではないか」と思ってしまう。

その言葉とは、「がん」

「がん」って、響きだけで心が重たくなる。

精神的におかしくなる。精神から病んでしまう。

だから、「がん」を患っている人に、容易に「大丈夫」とか「治る」とは言えない。

「がん」という言葉を聞かされただけで、恐怖、追い詰められた気持ちになっているから。

じゃ、どうしたらいいの?

周りの人は、何もしなくてもいい。声をかけなくてもいい。

ただできるのは、「がん」を患った本人が意識を変えて立ち直るのを待つだけ。

周囲の人は待つことが最大の励まし。

「がん」と診断されて、はじめて「がん」を患っている人の心を感じることができました!

僕の「がん」は完治しているので大丈夫ですよ。

意識もしっかり変わっているので、心配はないです(^O^)/

関連記事




ピックアップ記事

  1. 体の歪みを調整、痛みをやわらげるゆらぎ整体療法とは?【心・ストレス】

  2. 高次脳機能障害を克服するためにも整体を使っています。

最近の記事

  1. 体の歪みを調整、痛みをやわらげるゆらぎ整体療法とは?【心・ストレス】

  2. 高次脳機能障害を克服するためにも整体を使っています。

  3. 雨の時期の過ごし方

  4. 高次脳機能障害の一番の治療、リハビリは、問題を乗り越える力を身に付けること、「心の力の強化」

  5. あせりは心を苦しめます。心の苦しみは身体を縛ります。【学びの言葉】

  6. 映画「望み」より学びの一言

  7. 心の焦りは身体の震えの原因【てんかん発作の予防とは?】

  8. カスタマーへの電話は意思伝達の練習になる【高次脳機能障害】

  9. 自立支援医療(精神通院医療)を活用されていますか?障害者手帳をお持ちの方へ【高次脳機能障害】

  10. 高次脳機能障害リハビリ回復整体の真の目的はお仕事のサポート。