高次脳機能障害

高次脳機能障害のリハビリの方法とは?記憶障害・注意障害について

高次脳機能障害は治るのか?

高次脳機能障害そのものは治らないと僕は思っています。


高次脳機能障害を治すのではなく、高次脳機能障害を患っていても生活できるようになる!


これが重要だと僕は思っているのです。

しかし、何もしなければ、何もできない、それが高次脳機能障害の特徴でもあります。

だから、リハビリが必要なのですね。

高次脳機能障害は大きく分けて4つの症状があります。

  1. 注意障害
  2. 記憶障害
  3. 遂行機能障害
  4. 社会的行動障害

この記事では、注意障害と記憶障害のリハビリについてご紹介していきたいと思います。

高次脳機能障害・注意障害のリハビリの方法とは?

注意障害とは、「ボーっとする」「ちょっとしたことで気が散る」というような症状がみられます。

自分では自覚がありませんが、周囲からしてみると、やる気がないように見られるようです。

この注意障害のリハビリ方法は、実はありません。

なぜなら、高次脳機能障害を患っている本人がコントロールできるものではないからです。

周囲の方が理解してあげるしか方法はありません。

ただ、1点あるとすれば、薬の副作用も考えられるので、

薬の調整、減薬、断薬を主治医の先生に相談してみるのも1つの方法です。

または、漢方薬でもある程度は回復できます。

僕は漢方薬で回復させることができました。

注意障害はリハビリではなく、薬で調整することかなと思います。

高次脳機能障害・記憶障害のリハビリ方法とは?

記憶障害のリハビリ方法とは?

記憶に障害があるのだから、忘れないように手帳やノートにメモを取ればいいのでは!

とほとんどの方が思うかもしれません。

ただ、高次脳機能障害を患っている人にとって、メモはあまり役に立ちません。

なぜなら、そのメモ自体が間違っていることが多いからです。

手帳に約束の日時をメモしたとしていても、その手帳にメモした日にちと時間を間違っていることが多いので、うっかり約束を破ってしまった!ということが起こります。

では、どうしたら記憶に残せるか?というと、記憶に残そうと思ってはいけません。

記憶に残すのではなく、忘れてもいいやぐらいの楽観的な思考を持つことが必要です。

どうしても忘れたらいけないことは、常に目の触れるようにしておく。

たとえば、高次脳機能障害を患っていても、スマホは常に意識して持ち歩いているので、忘れることは少ないです。

スマホのカレンダー機能に約束事をセッティングしておいて、時間がくる1日前とかにトップ画面に呼び出しておく設定をしておくと、大事なことでも忘れにくくなります。

高次脳障害を患っている方が記憶障害を克服するためには、大事なことは常に目に触れるようにしておく、

これだけで、記憶に留めやすくなりますよ。

よかったら、試してみてくださいね。

関連記事

おすすめ記事

最近の記事

  1. 高次脳機能障害を患っていると「できる」と思っていたことが「できなくなる」時がやってくる。

  2. 高次脳機能障害が悪化する前の心の疲れ症状とは??治す方法は?心の疲れの回復方法を調査!

  3. 心にも天気がある。心が雨な時は眠って体力を養おう。

  4. 高次脳機能障害の食事治療とは。肉食で治りますか?菜食が脳を守ります。オリエンタルベジタリアン

  5. 高次脳機能障害のリハビリの方法とは?記憶障害・注意障害について

  6. 障害を持っていても利用できる整体。健康サポートのバリアフリー【高次脳機能障害リハビリ回復整体】

  7. 障害者手帳をお持ちのあなたへ障害者手帳を持ち歩けるアプリを知っていますか?【ミライロID】

  8. コロナ禍で外出自粛、在宅ワークの増加が引き起こしている「サイレントうつ」の予防策とは?

  9. ゆらぎ整体で体が変わりました!【建設業のお客様】

  10. 【漢方治療】不眠、五十肩、イライラ、不安が続いて、整体、マッサージをやったけど治らなかったら…

おすすめ記事