整体実績20年以上、現在は佐賀県有田町にて、マッサージ整体でお客様に喜ばれています。

こうちゃん整体院

▶︎ 高次脳機能障害

向精神薬を飲んでいると熱中症になりやすい?

更新日:

梅雨が明けると、夏がやってきます。最近は中途半端な蒸し暑いという暑さではなく、熱風で圧迫される激暑です。暑さが増してくると、熱中症対策ですね。

なにか熱中症対策を行っていますか?熱中症対策を行っていても、部屋の中にいても、熱中症になる方が最近では多いです。

そこで、僕は考えました。熱中症になるのは仕方がない。熱中症になったと騒がずに、熱中症になったときの対処法の方が大事ではないかと思ったのです。

向精神薬を飲んでいると熱中症になりやすい?

僕は向精神薬を服薬しています。向精神薬を服薬していると、体に熱を熱を持ちやすく、熱中症になりやすいそうです。僕自身、7月、8月と2ヶ月のあいだで5回ぐらい、熱中症かな?と思える症状が出ています。

そのたび、熱中症の乗り越え方、対処の仕方を研究してきました。

その結果、一番効果があったのが、「食事をする」、食べるということです。

もちろん、水を飲みのは大事です。しかし、水を飲んだだけでは、フラツキや頭がボッーとするのはとれませんでした。しかし、ご飯を食べたら、その不快感がとれていって、落ち着いていったのです。

水だけで、症状が改善していかない時は、ご飯を食べてみてください。おすすめは、「塩おにぎり」です。

 

-▶︎ 高次脳機能障害

Copyright© こうちゃん整体院 , 2019 All Rights Reserved.