日南市で24年の整体実績。整体をつかって、笑顔と真心で、「生きるってうれしいな」、あなたの人生に心からの豊かさを提供いたします。

日南市の整体ならこうちゃん整体院

慢性腰痛

▶︎ 腰痛

腰痛のメカニズムを知る

投稿日:2019年5月21日 更新日:

腰痛と言うと、腰の痛みだけと思っていませんか?腰痛をつくる原因というのは、たくさんの種類があります。その中で、だいひょうてきな症状をご紹介いたします。

 

本日は腰痛のメカニズムについて書いていきたいと思います。

 

痛みの原因を知ることで痛みを治す力が出てきますので、お時間がございましたら読んでみて下さいね。

 

腰痛のメカニズム

腰痛の原因って何?

腰痛の原因は、主に2つあります。

1.筋肉を傷めた腰痛

2.肝臓や腎臓など内臓に問題があっての腰痛

1、2の違いは痛みの出方がまったく違います。2の内臓の問題からくる腰痛は冷や汗が出るような痛み方をします。立っていても寝ていても、体の向きをいくら変えても痛みが引かない、こんな痛み方です。このような腰痛はすぐに救急車を呼んで病院に行ってください。整骨院や整体院では対応できません。

それ以外の腰痛、1の筋肉の痛みによる腰痛の原因のほとんどは、血液の流れが悪くなったことによる血行不良です。血行不良なので、基本的に血液の流れを良くすると、痛みは改善していきます。末端の枝葉からの改善を促していくと回復のスピードは早くなります。

 

ぎっくり腰と普通の腰痛って違うのですか?

慢性腰痛

ぎっくり腰と普通の腰痛では痛みのもとになっている原因に違いがあります。

 

ぎっくり腰は、筋肉の繊維の損傷です。足にたとえて言えば、肉離れと同じ状態です。腰の筋肉に極度な負荷がかかり、動けなくなった状態がぎっくり腰です。

 

普通の腰痛は、血液の流れが悪くなって、筋肉の伸び縮みがしにくくなって、無理に筋肉を引き伸ばそうとした結果の痛みです。

 

ぎっくり腰の痛みとは?

ぎっくり腰は、ある日、突然やってきます。それは、イスから立とうとしている時かもしれません。ご飯を食べている時かもしれません。歯を磨いている時かもしれません。バッグを肩にかけようとしている時かもしれません。

 

いつ、ぎっくり腰になるかわからない、これがぎっくり腰の怖いところです。防ぎようがありません。

 

ぎっくり腰の痛みって人それぞれで、痛みが出る人もいらっしゃいますし、腰の力が抜けて立てなくなる人もいる、ぎっくり腰の症状の出方は人それぞれです。

 

「あっ、これなんだ。なんだ。なんだろう、腰の力が抜けて立てなくなってきた」

という人から

「あっ、くるくるくる、イテッ、」

予測ができる激痛の人もいます。

 

本当にその痛みがぎっくり腰の場合は、2、3日安静にすることで痛みは引いていきます。しかし、1週間痛みが続くようであれば、内科等の病院の受診をお勧めいたします。ぎっくり腰は整形外科と思われがちですが、痛みの裏側には内科的疾患、内臓に原因の元がある場合があります。

 

どこに原因があるかわからないので、1つ1つ、原因の元を消していく意味でも、まずは内科に行って、検査して、内科的疾患ではないということを確認すると、それだけでも心は落ち着きます。心が落ち着けば痛みが消える場合もあるので、不安を取り除いていく行為はとても重要なのです。

 

腰の痛みの原因

腰の痛みの原因は、腰の周りの筋肉が緊張して、かたくなって、血管をつぶし、血液の流れが悪くなったために起こります。

骨盤のゆがみが腰の痛みを引き起こしていると言われますが、実は、腰痛は骨盤のゆがみが原因ではありません。骨盤の矯正をしても腰痛は治りません。

 

腰の周りの筋肉がかたい、腰の周りの血液の流れが悪くなっているから、腰痛が出てきます。

だから、

腰の周りの筋肉がかたいまま、いくら骨盤の調整をしても元に戻っていきます。

 

腰痛を我慢し続けてたら?

・腰痛がひどくなると歩けなくなります。

・歩くのがつらくなるので、外出するのが億劫になり、家に閉じこもってしまいがちになります。

・腰痛がひどくなると、体が傾きがちになり、骨格がゆがんでいきます。

・骨格がゆがむと、肝臓や胃、腎臓など内臓が正常に働かなくなり、原因不明の痛みや症状が出やすくなります。

・腰痛は心、精神に悪影響を及ぼし、無意味なことでも落ち込みやすくなります。

たかが腰痛と考えるのではなく、これ以上体に負担をかけないためにも、たかが腰痛でも早期の対応が求められます。

 

つらい腰痛を改善させるためにはどうしたらよいのでしょうか?

骨盤を矯正したり、腰椎など骨を矯正することを行う前に、かたくなっている筋肉をやわらかくほぐすことが、まず第一です。筋肉が柔らかくなって、血液が回り始めると、自然にちょうどよい場所に骨は収まっていきます。

しかし、筋肉がやわらかくならないと、血管が潰されたままです。血液の流れが滞って流れにくくなったままです。血管が潰れるということは、筋肉が伸び縮みしにくくなって、血液の流れが止めてしまっている、ということです。

腰痛は腰周りの筋肉がかたいことにより起こります。

 

腰痛はわき腹の筋肉(腰骨(ウエスト)の上の筋肉)のかたい塊をほぐすことからはじめてみてください。

 

腰の痛みを感じたときマッサージすると気持ちいい場所とは

  • 手首
  • わき腹
  • ふくらはぎ

腰痛の痛みの改善、脇のマッサージ動画はこちらです。

 

腰痛の痛みの改善、手首のマッサージ動画はこちらです。

 

腰痛の痛みの改善、わき腹(腰骨の上、ウエスト)のマッサージ

 

腰痛の痛みの改善、ふくらはぎのマッサージ

 

他にこんな方法もございます。

 

腰痛の痛み改善、マッサージのやり方

 

腰が痛くなったときの腰痛のマッサージは、
足と手首を使って行います。

 

腰痛の痛み改善動画

 

腰痛の痛み改善マッサージは、このようなメリットがあります

 

リラクゼーション。安らぎ。不眠

 

体全身の筋肉がほぐれていく感じがハッキリわかって、とても気持ちいいです。心が落ち着き、イライラがなくなっていきます。

かたくなっていた筋肉がほぐれることで、眠れるようになります。薬を飲まないと眠れなかった人が、マッサージをする習慣をつくることで、薬を飲まなくても眠れるようになったというお話はよく聞きます。

 

マッサージをする習慣をつくることで、お仕事の効率も上がっていきます。

 

なぜなら、痛みを我慢しながらお仕事をしていたら、痛みのほうに気持ちが向いて仕事がはかどらない、痛みが強くなりすぎると、体が動かなくなります。

そうならないように、マッサージをする習慣を取り入れると、筋肉がかたくなりにくい体をつくることができます。

 

マッサージの目的とは?

マッサージの目的は、かたくなりにくい筋肉を持続させていくことにあります。

 

1分でも、短時間でもマッサージを続けて行うことで、腰痛の痛み具合が軽くなっていきます。

 

 

当院の施術方針

当院は、痛み改善や痛みを取り除くといった治療を目的とした整体施術は行なっていません。リラクゼーション業の中の癒し安らぎを目的としたマッサージのような有効性のある施術を行なっています。

-▶︎ 腰痛

Copyright© 日南市の整体ならこうちゃん整体院 , 2020 All Rights Reserved.