症状別整体について

ゆうぞうお兄さん脳内出血、本当に急死なのだろうか?

NHKの「おかあさんといっしょ」に出演されていた「うたのおにいさん」ゆうぞうお兄さんこと、今井雄三さんが12月21日、脳内出血にてお亡くなりになられました。

ゆうぞうお兄さんは、急死と伝えられていますが、本当に急に亡くなったのでしょうか?前触れ、前兆はなかったのでしょうか?

ゆうぞうお兄さんの死を防ぐことはできなかったのか、検証してみたいと思います。

ゆうぞうお兄さんのブログから見えてくる脳内出血の前触れ(前兆)

ゆうぞうお兄さんは、12月15日にブログに最後の投稿をされています。

この最後の投稿には、目を真っ赤にした写真がありました。このとき、すでに体の異変が始まっていたのですね。本人も自覚していたようです。

ゆうぞうお兄さんのブログをご覧ください。

脳卒中の前兆には目の異常がほぼあります。

脳出血や脳梗塞、くも膜下出血など脳卒中には目の異常がほぼ見られます。

僕にも経験があります。

施術前、お客様の目が真っ赤にしていたので、

「今日はこれまでとちょっと変な感じがしますので、すぐに病院に行ってください」

とお伝えして、病院に行っていただきました。

すると、想像していた通り、脳梗塞でした。

病院に来るのがあと1日遅かったら、破裂をしていたとお医者様が仰って、

「病院に行くように勧めてくれてありがとう」

という言葉をこれまで、10人くらいの方から頂きました。

この経験があるので、

ゆうぞうお兄さんもひょっとしたら死ななくてよかったのかも?

と調べ始めたのです。

やはり、想像していた通りで、脳出血を引き起こす前兆があったのです。

助かる命が、前兆を見逃すことで失われるって、ほんとうにつらいです。

医療に携わる身として、つらいです。

予防、病気の前兆(前触れ)を、お伝えすることもこれからの医療として大切なのかなと思うニュースでした。

お亡くなりになられた今井雄三さん、お悔やみ申し上げます。

追記:目と脳卒中の関連

「脳の病気だとは思わなかった!」と考えかねない症状とは?
  • 突然、首の後ろに激痛が!
    くも膜下出血かもしれません。
  • ある時から片方のまぶたが下がって開かなくなった。
    脳動脈瘤が破裂してくも膜下出血になる前兆である可能性が十分にあります!
  • そういえば、数年前の写真と比べて片方の眼球が出てきている。
    眼球の裏に腫瘍が隠れている可能性があります。
  • 抜歯したのに歯の痛みが治らない。
    特発性三叉神経痛かもしれません。
  • 妊娠してもいないのに月経周期が止まった。
    出産したわけでもないのに乳汁が出てくる。
    成人なのに足が大きくなって靴が合わなくなってしまう。
    脳下垂体腫瘍かもしれません。
  • 結膜の充血が強く、眼科で治療しているのに一向に治らない。
    硬膜動静脈瘻かもしれません。
  • 認知症と歩行障害がみられるようになった。
    正常圧水頭症かもしれません。
  • 原因不明の聴力障害が進行した。何度も突発性難聴と診断されている。
    聴神経腫瘍かもしれません。

兵庫県立尼崎総合医療センターより

くも膜下出血の前兆とは

前兆の症状とは、どういうものでしょうか。

目の異常(痛み、二重にみえる、まぶたが下がるなど)、めまい、吐き気を感じる人もいます。

頭のなかに違和感(モヤモヤ、ボォーッとする)を覚える人もいます。


こうした症状は、しばらくすると治ってしまいます。

ところが、その数日後に大きな発作を起こす例が少なくありません。

原因が思い当たらない場合には、早めに受診することが予防につながります。

<もし発症した場合は>

経験したことがない強烈な頭痛におそわれたら、迷わず救急車を呼びましょう。

意識を失いそうなときは、周囲の人に助けを求めます。

くも膜下出血は緊急を要する病気で、放置していると再出血を起こし、最悪の事態になりかねません。

前兆のような軽い症状の場合でも、なかなか治まらないと、引き続いて大きな発作を起こすことがあります。

頭の中で何か異様なことが起こっていると感じたら、すぐに受診するか、救急車を呼ぶことが大切です。

オムロンより

その他の関連サイト

関連記事

おすすめ記事

最近の記事

  1. 高次脳機能障害を患っていると「できる」と思っていたことが「できなくなる」時がやってくる。

  2. 高次脳機能障害が悪化する前の心の疲れ症状とは??治す方法は?心の疲れの回復方法を調査!

  3. 心にも天気がある。心が雨な時は眠って体力を養おう。

  4. 高次脳機能障害の食事治療とは。肉食で治りますか?菜食が脳を守ります。オリエンタルベジタリアン

  5. 高次脳機能障害のリハビリの方法とは?記憶障害・注意障害について

  6. 障害を持っていても利用できる整体。健康サポートのバリアフリー【高次脳機能障害リハビリ回復整体】

  7. 障害者手帳をお持ちのあなたへ障害者手帳を持ち歩けるアプリを知っていますか?【ミライロID】

  8. コロナ禍で外出自粛、在宅ワークの増加が引き起こしている「サイレントうつ」の予防策とは?

  9. ゆらぎ整体で体が変わりました!【建設業のお客様】

  10. 【漢方治療】不眠、五十肩、イライラ、不安が続いて、整体、マッサージをやったけど治らなかったら…

おすすめ記事