高次脳機能障害

高次脳機能障害の症状の悪化を防ぐために睡眠が重要です。

体調の変化が激しい。どうしたらいい?

昼の間は調子が良くて体が動くのに、夜になるとドッと疲れて動けなくなる
このような経験はありませんか?

または、一週間の中で体調が良い時と悪い時の変化が激しい。
このような方もいらっしゃると思います。

差し障りのない応えになりますが、寝たりしながら休むのが一番だと考えています。

一番避けなければならないのは、無理を続けることです。

無理が一番の体の毒になります。

「疲れ」を感じたら、「寝る」
重要だと思います。

高次脳障害を患うとなぜ、睡眠が重要なの?

高次脳機能障害は脳の障害です。疲れを感じるということは、自律神経が「これ以上のことはできないよ」という信号を発している証でもあります。疲れを感じているのに、無視して続けていると、自律神経はパンクしてしまいます。それがパニック障害です。

睡眠は、脳を休ませてくれる唯一の方法です。疲れを感じている脳を休ませるには睡眠しかありません。

高次脳機能障害の症状を悪化を防ぐためにも、睡眠はとても重要です。

この記事を読んでいるあなたに。

関連記事