高次脳機能障害

高次脳機能障害を克服しようと思ったら、血液が重要なポイントになります。

高次脳機能障害を克服、改善、回復に導きたいと思ったら、「血液」が重要なポイントになります。

血液の主な働きは下記の3つです。

  1. 酸素や栄養分を筋肉などに届け、身体の中で不要な老廃物(身体の汚れ)二酸化炭素を身体の外に出す(運搬、排泄)
  2. 体温の維持や調節(免疫)
  3. 身体の中に入ってきた細菌やウィルスと闘う(防御)

これからの機能を正常に働かせることによって、身体の健康は作られていきます。また、高次脳機能障害で傷んだ脳の働きも良くなっていきます。

十分な血液の働きを発揮するためには、胃の調子を整えていきます。

なぜなら、血液は食べることで作られるからです。

胃の調子を整えて、栄養の吸収がよくなれば、自然と血液の働きは正常に戻っていきます。

夏の暑い時期は、「みそ汁」がお勧めです。

あたたかいおみそ汁を飲んで、夏バテを防ぎ、暑い夏を乗り切っていきましょう!

この記事を読んでいるあなたに。

関連記事